ナンパしやすい女性

前回の記事では、ナンパ初心者のために会話術を磨く方法について紹介しました。

おさらいしておくと、チャットレディで口説く練習すれば実践でも役立つよというお話でしたね。

何人ものチャットレディと話せば、初対面の女性とコミュニケーションを取るという練習にもなったはずです。

よし!路上で実践してみよう!と思えるまでに、心の準備は整ったでしょうか。

ここでは、実際に路上ナンパをするときに役立つ「声をかけやすい女性の見分け方」について紹介します。

特に初めて声をかけるという場合、成功体験を積むためにも相手の女性を見極めるのが肝心。絶対に誘いにのってこなさそうなハードルの高い女性を狙っても、なかなか相手にされずメンタルがやられます(笑)。

ハードル高い系の女子をターゲットにするのは、スキルを磨いてからでも遅くがありません。できそうなことからトライして、少しずつナンパに慣れていきましょう。

それでは、声のかけやすい女性のパターンをご覧ください。

▶ゆっくり歩いている女性
歩くスピードが遅いと、比較的声をかけやすいです。時間に余裕がある証拠なので、話に付き合ってくれる可能性が高くなります。

反対に急ぎ歩きだと、予定があるはずなので話しかけてもなかなか足を止めないでしょう。

女性を口説くためには、話を聞いてもらえないと何も始まりません。並んで歩けるくらいの、スピード感の女性を探すのがコツです。

▶周りをキョロキョロ見まわしている
周囲に目を配っている女性には、2パターンの理由が考えられます。
一つは、道に迷っている。
もう一つは、目的がないので「面白いものないかな」と探している。

どちらの場合でも、「道に迷っているの?」と声をかければ大丈夫です。もし行きたい場所があるようなら、話ながら案内してあげましょう。目的なく歩いているなら、「この辺詳しいんだけど案内させてくれない?」と言えばOKを貰いやすいです。

自然に一緒にどこかで出掛けられるので、一番声をかけやすいタイプとも言えますね。仲良くなってきたら、連絡先を聞いちゃっても良しです。

▶アパレルショップの買い物袋を手にしている
ショッピングを楽しんでいる女性なら、時間に余裕があると考えられます。袋をたくさん持っているなら、「目的地まで運んであげようか」と話かけてみてください。

またどんなショップの袋を持っているのか、観察するのも大切。「そのブランド良いよね。俺も好きだから一緒に見て回ってもいいかな?」と会話に繋げられます。

また「似合うかどうか人の意見も欲しくない?まあなんでも似合いそうだけどね」と口説くのもありです。さらにオープンしたてのお店を知っているなら、ぜひアピールすべし。「〇〇にできた新しいショップ知ってる?」と聞けば、女の子は食いつくでしょう。

▶服装が地味め

派手な服装の女性のほうが、ノリが良くてすぐご飯に行けそうだと思っていませんか。たしかに、そんなタイプの女性もいます。ご飯に行くだけが目的なら、派手なタイプでも良いのかもしれません。

しかし連絡先を交換したり、ワンナイトまで発展させたりする予定なら、派手な女性は不向きです。男慣れしている場合が多いので、断るのも上手だからです

本気で口説く予定なら、地味目の女性が狙い目。大人しそうな女性ほど断るのが苦手なので、「可愛いね、ご飯おごらせてよ」と誘ってみると、なんやかんやOKしてくれるんです。

▶履き物のメンテナンスをしていない
コツコツが音が響くのが、ヒールの底がすり減っているからです。足物に目が行き届いていない女性は、隙がある証拠。

しっかりしている人なら、頭の上から足先までお手入れをしているからです。

スマートすぎる女性は、声をかけてもガン無視を通されるのがオチ。しかしどこか隙がある女性の場合、何か話しかけても「いいです」とか「急いでいるんで」とか何かしらレスポンスがあるんです。

そこが狙い目。

会話が始まればこっちのもんなので、「返事してくれてありがとう」「お姉さん優しいね」「一緒に目的地まで歩くだけならいいよね」と続ければ良いんです。

▶2人組みは警戒されにくい
1人でいる女性よりも、2人組みのほうがナンパの成功率が上がります。友達と一緒だと警戒心が減り、ノリも良くなるからです。

「2人とも可愛いね~」「今から何する予定なの~?」「一緒に飲もうよ」と言うと、たいていの場合「どうしよっか~?」と2人で相談をし始めます。

そこで、「面白い所に連れて行ってあげるよ」「奢ってあげるからさ」など一緒に遊ぶメリットを伝えてあげると良いでしょう。また「30分だけでもいいよ」と短い時間で約束するのも手です。

ほかに予定があったとしても、「少しの時間ならまあいっか」となりやすいから。もちろん、約束通りにする必要はありません。盛り上がってきたら知れっと、あそび続ければ良いんです。

また「もう行かなきゃ」と言われても、「じゃあせっかくだしLINE交換したいな」と言えば高確率で教えてもらえますよ。